教会での葬儀について - 豊島区の葬儀社

葬儀に参列する際のマナー

葬儀に参列する際のマナーの写真

葬儀は平服で問題ありません。

男性は黒のスーツ、女性は黒のワンピースやアンサンブルが良いでしょう。男性は白シャツに黒のネクタイ、黒の靴下を着用します。女性は黒のドレスに黒のストッキングを履くと良いでしょう。今では肌色のストッキングもOKという説もありますが、一般的には黒のストッキングの方が無難です。バッグや靴はすべて黒で、金具はありません。また、素材も光沢のないものを選びましょう。女性用の靴はヒールがあるものを選びますが、ピンヒールやヒールが高すぎるものは避けましょう。また、社会人の場合、葬儀の場でローファーを履くのはマナー違反とされています。ローファーは小学生までと考えておきましょう。小物を使用する場合は、真珠を選びましょう。真珠は黒真珠でも白真珠でもどちらでも構いません。黒真珠は喪の場にふさわしい落ち着いた色味を演出し、白真珠は涙の象徴として受け入れられます。ネックレスを使用する場合は、必ずシリーズで使用するようにしましょう。二連のネックレスは、再び悲しみや不幸をもたらすと考えられているため避けられます。これは仏式や神式の葬儀でも同じことが言えます。真珠のアイテムや結婚指輪はつけてもいいですが、つけないのはマナー違反ではありません。身につけていなくても、身につけていれば問題ありません。キリスト教のお葬式を題材にした映画を見ると、帽子やベールをかぶっている人をよく見かけます。キリスト教の葬儀で被る帽子はトークハットと呼ばれるもので、基本的には遺族や親族が被るものです。また、皇族など特別な人が着用することもあります。ベールの色は黒か白が良いとされていますが、専門家の間では意見が分かれています。カトリック教徒もベールを着用しており、故人との距離が近い人ほどベールは大きくすべきとされています。ちなみに、帽子やベールを使用する場合は、手袋も一緒に着用する必要があります。いずれにしても、キリスト教徒ではなく参列者で、日本の教会での葬儀であれば、帽子やベールは着用しない方が良いでしょう。外せないネイルアートを隠すために手袋を使うこともありますが、葬儀に参列する場合は、できるだけネイルアートは避けた方が良いでしょう。

葬儀 豊島区