教会での葬儀について - 豊島区の葬儀社

キリスト教の葬儀について

キリスト教の葬儀についての写真

キリスト教の葬儀には、宗派によって違いがあります。

参列者として式に参列する場合は、言葉遣い、服装、祝儀袋、献花の4つに注意が必要です。キリスト教では、「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈りします」などの言葉は使いません。故人が神と共に安らかに眠れますように」と言うようにしましょう。服装は伝統的な葬儀と同じようにしても構いません。ただし、数珠は持参しないようにしましょう。また、帽子やベールはクリスチャンや故人の遺族・親族のものであり、一般の方のものではないことに注意しましょう。不祝儀袋以外のものは、キリスト教のものにしましょう。白い封筒に十字架や百合の花が描かれているものがキリスト教の袋ですが、蓮の花が描かれておらず、白黒や双銀の透かしが入っているものはキリスト教の葬儀で使用することができます。カトリックなのかプロテスタントなのかにもよりますが、表の名前を変えることもできますが、迷った場合は御花料ということにしましょう。教会で葬儀を行う場合は、一般的な葬儀の場合よりも供花料に気を配る必要があります。スペースの問題や、どの花屋さんを選ぶかの問題もあるでしょうから、慎重に進めるようにしましょう。キリスト教式の葬儀では、献花の工程が中断されます。祭壇に花を置く作業です。両手で花を受け取り、茎を祭壇や参列者に向けて供える行為で、神道の儀式で焼香や祭壇に花を供える仏教の儀式に似ています。不慣れな方には戸惑うかもしれませんが、参列者が最初に献花するので、遺族や親族のやり方を真似しても問題はありません。

葬儀 豊島区