教会での葬儀について - 豊島区の葬儀社

参列者の注意事項

参列者の注意事項の写真

仏教徒が葬儀に参列する際には、気をつけなければならないことがたくさんあります。

葬儀に参列する際には、自分の宗教ではなく、故人の宗教に合った振る舞いをすることが求められます。「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈りします」などのフレーズは、キリスト教の葬儀にはふさわしくないため、使用しないように注意が必要です。ちなみに、重ね言葉は、キリスト教でも仏教でも神前式でも避けるべき言葉です。キリスト教の葬儀では、数珠は使用しません。また、焼香もしません。教会で行われる場合は、一般的な葬儀場で行われるものとは違い、キリスト教式の葬儀であることは間違いありませんので、数珠は持って行かないようにしましょう。鞄の中に入っていて、持って行った場合はバッグの中に入れておいてください。キリスト教徒は原則としてお通夜は行いません。そのため、通夜振る舞いがないのも基本でした。しかし、日本ではキリスト教徒が通夜式や前夜祭を行うことが一般的になってきています。お茶やお菓子、軽食などが振る舞われる仏教の通夜とは全く異なります。最大の違いは、お酒の使用です。仏教や神道の儀式では、冠婚葬祭でお酒を使うことが多いのですが、キリスト教の儀式では葬儀では使われません。

葬儀 豊島区